バイクのある景色

バイクのある景色

オートバイ好きのブログです。

MT-09 ハンドル幅調整

こんにちは。

今回は、MT-09のハンドル幅の調整を行いましたので記録します。

MT-09はモタードルックなハンドルの為、グリップの位置がネイキッドのものより外にあります。

少し幅が広いと感じましたので、少し内側に来るように調整を行いました。

f:id:ngxyh754:20170818221240j:plain

 

1.使用材料

特になし

 

2.分解

ハンドルに取り付けられている「スロットル」「集合スイッチ右(セル)」「集合スイッチ左(ウインカ)」には、廻り止めのポッチがついています。そのため、内側に移動させるためにはハンドルに穴を開けなおさなければいけません。

穴をボール盤で開けるために、ハンドルを取り外します。

※初期位置を記憶するために、ポンチ等でケガキをしておきましょう。

f:id:ngxyh754:20170818221350j:plain

まず、純正ハンドルバーエンドを取り外します。

六角レンチで、緩めるだけです。

f:id:ngxyh754:20170818221403j:plain

バーエンドを外すと、グリップがハンドル端よりも外側にきていることが分かります。

f:id:ngxyh754:20170818221418j:plain

長さは約12mmでした。

この距離だけ、内側にグリップを移動させることで、ハンドルを切断することなく位置の調整を行います。

f:id:ngxyh754:20170818221335j:plain

「集合スイッチ右(セル)」を取り外すと、廻り止めポッチ用の穴が見えます。

f:id:ngxyh754:20170818222135j:plain

集合スイッチ側には、ポッチが見えますね。

f:id:ngxyh754:20170818222107j:plain

穴の直径は約5mmでした。

ハンドル右側は、「スロットル」「集合スイッチ右(セル)」「ミラーホルダ(右)」を取り外せばOKです。

f:id:ngxyh754:20170818221456j:plain

次はハンドル左側です。

f:id:ngxyh754:20170818221630j:plain

左側グリップも、約12mm移動できるようです。

f:id:ngxyh754:20170818221653j:plain

「集合スイッチ左(ウインカ)」を取り外すと、ポッチ穴が見えました。

「グリップ(左)」「ミラーホルダ(左)」も取り外します。

f:id:ngxyh754:20170818221641j:plain

ハンドルバーを取り外しました。

これをボール盤で穴あけ加工します。

f:id:ngxyh754:20170818221617j:plain

 

3.穴開け

約12mm内側に、同じサイズの穴を開けます。

バリで怪我をしないように、仕上げを行いました。

f:id:ngxyh754:20170818221709j:plain

 

4.組み立て

サクッと元に戻します。

左右のグリップが、ハンドル端ピッタリの位置にきました。

f:id:ngxyh754:20170818221751j:plainf:id:ngxyh754:20170818221725j:plain

突然の乱入(;^ω^A

お願いだからシートで爪をとがないでね~

f:id:ngxyh754:20170818221737j:plain

ハンドルバーエンドを取り付けると、元々グリップに隠れていた部分が見えて不恰好になりました。

そのうち、ゴムリングか何かでうまく隠すことにします。

f:id:ngxyh754:20170818221804j:plain

完成しましたので、作業前と後で見比べてみましょう。

作業前

f:id:ngxyh754:20170818221833j:plain

作業後

f:id:ngxyh754:20170818221820j:plain

見た目ではよく分かりませんが、運転してみると元の位置より楽に運転ができるようになりました。

ネイキッドのポジションに近くなったような気がします。(゚∇^*)

秘密兵器 その② ROUGH&ROAD スロットルアシスト

こんにちは。

今回は、ROUGH&ROADのスロットルアシストを購入しました。

f:id:ngxyh754:20170818191430j:plain

価格は1200円です。

安い製品はたくさんあるようですが、ブランド力に惹かれました。(゚∀゚〃)

サクッとハンドルに取り付け~

f:id:ngxyh754:20170818191441j:plain

MT-09はスロットルを戻す力が強く、長時間運転していると右手の指の付け根が痛くなってきます。

これを取り付けると、手のひらでスロットル開度を固定でき、手の疲れが軽減されました。

・・・ですが、やりすぎると手のひらも痛くなってきます。(;^ω^A笑

MT-09 四国カルストツーリング 2日目

こんにちは。

四国ツーリング2日目には、お目当ての四国カルストに向かい、道後温泉を観光して大分へ渡りました。

f:id:ngxyh754:20170816002805j:plain

 

2.2日目

ライダーズイン雲の上のチェックアウト時間は8時でしたので、早めにおきて支度をします。

朝の空気がすがすがしいですね!

f:id:ngxyh754:20170816002641j:plain

道中の天狗荘で休憩します。

四国の山々をバックに記念撮影!

f:id:ngxyh754:20170816002750j:plain

四国カルストへ続く道がわからず、いったりきたりしていて撮影しました。(゚∇^*)

f:id:ngxyh754:20170816003336j:plain

ようやく、それらしき道を発見し走ります。

途中で撮影スポットにバイクを停め、休憩~

f:id:ngxyh754:20170816002658j:plain

ようやく四国カルストへ到着!いい景色ですねー

天気が良くて本当によかった!(*´ー`*)ーЭ

湿度も高くなく、運転していて気持ちがよかったです。

f:id:ngxyh754:20170816004938j:plain

道後温泉観光をするため、松山へ向かいます。

途中で道の駅みかわで休憩しました。

f:id:ngxyh754:20170816002710j:plain

松山へ到着!

さすが連休だけあって、観光客でいっぱいです。

道後温泉は1度来たことがあり、とてもよかったのでまた入りたかったのですが、あまりの人の多さに断念しました。(;´д`)ゞ

f:id:ngxyh754:20170816002725j:plain

お土産に一六タルトを買いました。

おいしそう。(゚∀゚〃)

f:id:ngxyh754:20170816003003j:plain

さて、あとはフェリー乗り場へ一直線です。

少し時間がありましたので、先っぽの佐田岬まで走りました。

f:id:ngxyh754:20170816002830j:plain

フェリー乗り場で船を待ちます。(*´ー`*)ーЭ

f:id:ngxyh754:20170816002738j:plain

無事にフェリーを降りて、宿泊先の別府「鉄輪ゲストハウス」へ向かいます。

以前も利用したことがあるのですが、とってもいいところですよ!(゚∀゚〃)

なんとマンガ「ばくおん!!」に登場していると、オーナーさんがマンガを見せてくれました。笑

f:id:ngxyh754:20170816002852j:plain

別府にきたら、やっぱり温泉ですよね。

近くにある「ひょうたん温泉」にて、1日の旅の疲れを癒します。

f:id:ngxyh754:20170816002841j:plain

3日目は、やまなみハイウェイを通過して熊本へ帰るだけなので、ここで旅はほぼおしまいです。(*´ー`*)ーЭ

四国での時間が少なくあまり巡れなかったので、また時間をつくってツーリングに行きたいと思います。

MT-09 四国カルストツーリング 1日目

こんにちは。

お盆の連休を利用して、四国へツーリングに行ってきました。

お目当ては、四国カルストです。

1日目は、鳥栖→佐賀関港→愛媛→高知(ライダーズイン雲の上)へと移動しました。

 

1.1日目

鳥栖を出発して佐賀関に向かいます。

途中で道の駅に停車し、休憩します。

今回はインカムを導入しましたので、連れ合いと景色の会話などを楽しめました!

f:id:ngxyh754:20170814185930j:plain

佐賀関港に到着。

バイク輸送の予約はいっぱいで、すでに何名かのライダーが船を待っておられました。

f:id:ngxyh754:20170814185943j:plain

しばらくすると、海のむこうから船がやってきました。

f:id:ngxyh754:20170814185955j:plain

船着場に到着!

f:id:ngxyh754:20170814190006j:plain

口がパカッと開きました。

乗り込んで四国へ向かいます!

f:id:ngxyh754:20170814190020j:plain

四国へ上陸しました。

大久展望台という場所で、記念撮影v(。´ー`。)v

f:id:ngxyh754:20170814190034j:plain

ここは、ノーベル物理学賞を受賞された中村博士の生誕の地だそうです。

f:id:ngxyh754:20170814194029j:plain

しばらく走ると、道の駅みなとオアシス八幡浜へ到着!

愛媛らしい「みかん自販機」や、

f:id:ngxyh754:20170814191947j:plain

みかんソフトクリームを堪能します。

おいしかった・・・(・v・*)

f:id:ngxyh754:20170814190046j:plain

近くには、「黒い郵便ポスト」があるということで見に行きました。

なぜ黒色なのでしょうか・・・

f:id:ngxyh754:20170814195530j:plain

あとは山道をひた走り、宿泊先のライダーズイン雲の上へ到着!

ホテル、レストランと併設されており、温泉もあります。

f:id:ngxyh754:20170814195354j:plain

室内はこんなかんじです。

寝具等はないため、自分で用意するようにしましょう。

また、冷暖房もありません。

f:id:ngxyh754:20170814190148j:plain

買出しのために近くの町に向かうと、お祭り中のようで綺麗な景色がみられました。

お盆で里帰り中なのか、おじいさんとお孫さんが手をつないで歩いている光景はほほえましかったです。( ̄∀ ̄*)

f:id:ngxyh754:20170814191613j:plain

これにて1日目が終了しました。

仕事の都合でツーリングを1日短くしたため、初日から大移動することになり疲れました。笑

f:id:ngxyh754:20170814191624j:plain

MT-09は長距離走行をすると、お尻が本当に痛くなります。。。

私のお尻が薄いせいもあるのかもしれませんが、なにか対策をうたなければいけません。p(´⌒`。Q)グスン  

秘密兵器 その① バイク用インカム B+COM SB5X 購入

こんにちは。

今回は、ツーリング中の会話ツールとしてバイク用インカム「B+COM SB5X」を購入しました。

f:id:ngxyh754:20170811134336j:plain

本体はこんなかんじです。

価格が高く躊躇していましたが、在庫処分割引に後押しされて購入しました。

本当は知人の店で購入したかったのですが、黒色の在庫がなかったため購入できませんでした・・・泣

f:id:ngxyh754:20170811134411j:plain

インナーパッドの中にイヤホンを仕込み、本体をヘルメット側面に取り付けます。

f:id:ngxyh754:20170811134250j:plain

 思い切って購入しましたので、これでツーリングがさらに楽しくなることを祈ります!

エイプ100 組み立て記録 その⑫ タコメーター取り付け

こんにちは。

今回は、エイプ100に電気式タコメーターの取り付けを行いましたので記録します。

また、エイプ100はバッテリーレス車なので、タコメーター取り付けに伴ってバッテリーの搭載も行いました。

f:id:ngxyh754:20170730201834j:plain

 

1.使用材料

・SP武川 DNタコメーター

・SP武川 エイプ100用バッテリーケース

※SP武川からはバッテリー搭載キットが出ておりますが、今回はケースのみ使用して配線等は自作しております。

 

2.組み立て

2.1バッテリー搭載

 まずはバッテリーを搭載します。

キーシリンダー,レギュレターに配線を割り込ませ、バッテリーに接続します。

機器保護のため、途中にヒューズを入れておきます。

f:id:ngxyh754:20170730202128j:plain

 配線がぐちゃぐちゃしていますね。

赤の配線がキーシリンダーからきているプラスです。

f:id:ngxyh754:20170730202149j:plain

レギュレターはアースを取るために、フレームに直付けします。

接触面の塗装は削っておきました。

f:id:ngxyh754:20170730202114j:plain

パルス用配線は、イグニッションコイルに割り込ませればいいのかな?

※このにわか知識が間違いのもとでした。笑

f:id:ngxyh754:20170730202309j:plain

通電を確認できましたので、簡単に配線をまとめます。

f:id:ngxyh754:20170730202244j:plain

満を持してエンジンON!

アクセルを煽ると・・・あれ?回転数がメチャクチャに表示される!?

f:id:ngxyh754:20170730202258j:plain

説明書をよく読むと、エイプ100にバッテリーを搭載した場合、IGケーブルに巻きつけてパルスを読み取る方法が推奨されていました…

説明書はちゃんと読みましょう。笑

f:id:ngxyh754:20170730202543j:plain

タコメーターのアースがうまくとれていないようでしたので、仮の配線を伸ばして直接フレームアースをします。

f:id:ngxyh754:20170730202531j:plain

こんな感じで、オイルクーラーステーのボルトに接地してみました。

f:id:ngxyh754:20170730202555j:plain

緊張しながらエンジンON!

タコメーターの針は、アイドリング時、アクセルを煽った時ともに正常に動作しているようでした。

膝の上でバイクを眺めるミキちゃん。

f:id:ngxyh754:20170802183555j:image

達成感がありましたので、思わず動画を撮ってみました。

お時間のある方はご鑑賞ください!

※周りがちらかっていてすいません。泣


ブログ用アップロード②

エイプ100 組み立て記録 その⑪ リヤブレーキキャリパOH

今回は、エイプ100のリヤブレーキキャリパをOHしましたので記録します。

ブレーキフルードは塗装にダメージを与えるので、養生をしっかりと行います。

 また、水溶性があるので、雨の日には行わないほうがよいです。

f:id:ngxyh754:20170722093325j:plain

 

1.使用材料

純正 ダストシール,オイルシール

デイトナガレージ ブレーキフルード

純正 スクリューブリーダー

 

2.分解点検

2.1分解

キャリパーを取り外す前に、キャップスクリュを外して、パッドピンを緩めておきます。

f:id:ngxyh754:20170722093347j:plain

f:id:ngxyh754:20170722093302j:plain

リヤアクスルシャフトを抜き、キャリパを取り外します。

ダストシールが劣化して、少しはみ出ているのがみえます。

f:id:ngxyh754:20170722093533j:plain

パッドピン、ブレーキパッド、パッドスプリング、パッドリテーナを取り外します。

ピストンを押し出すために、ゆっくりとリアブレーキを踏みます。

f:id:ngxyh754:20170722093556j:plain

ニョキニョキ。

f:id:ngxyh754:20170722093607j:plain

ピストンが外れました。

中からブレーキフルードが出てきますので、塗装にかからないように注意します。

f:id:ngxyh754:20170722093618j:plain

ブレーキピストンです。

表面にキズ、ヘコミがないかチェックします。

f:id:ngxyh754:20170722100707j:plain

大きなキズは無さそうなので、綺麗に磨いて再利用します。

f:id:ngxyh754:20170722093652j:plain

ダストシール、オイルシールは再利用不可なので、新品に交換します。

f:id:ngxyh754:20170722100740j:plain

シリンダー内面を清掃し、新しいシールを取り付けます。

シールの表面には薄くシリコングリースを塗布します。

f:id:ngxyh754:20170722093639j:plain

ピストンを押し込みます。引っかかりがなければ、クイッと入っていきます。

ピストン表面にはブレーキフルードを塗布しておきます。

f:id:ngxyh754:20170722093804j:plain

サクッと組み立てます。

今回はブレーキパッドの手持ちがなかったので、もともとついていたものを組みます。

f:id:ngxyh754:20170722093821j:plain

キャリパをスイングアームに組み付けます。

各ボルト、ナット類は指定トルクで締め付けます。

f:id:ngxyh754:20170722093754j:plain

組み立てが完了したら、フルード交換&エア抜きです。

注射器を使って、キャリパーのスクリューブリーダからフルードを押し込みます。

この際に誤って、ブリーダをつぶしてしまったので、新品に交換しました・・・泣

f:id:ngxyh754:20170722093817j:plain

ブレーキペダルをふみふみし、感触が戻っていればOKです。

あとは走行試験で調整をしていきます。

今回はこれにて作業完了です。