バイクのある景色

バイクのある景色

オートバイ好きのブログです。

モンキーR 油温計取り付け

 こんにちは( ゚∀゚)

季節も夏ですので、モンキーR油温計を取り付けました。

 

1.使用したもの

デイトナ アクアプローバ オイルテンプメーター

f:id:ngxyh754:20200727142258j:image

 

〇キタコ フィッティングバンジョーボルト
f:id:ngxyh754:20200727142254j:image

 

〇ホンダギボシ オス

〇電工ペンチ

 

2.取付け作業

2.1配線

油温計はいろいろなメーカーから販売されていますが、コンパクトさと値段からデイトナ製にしました。

大きさが親指の第一関節くらいまでしかありません。
f:id:ngxyh754:20200727142302j:image

 

接続方法は至ってシンプル。

プラス側キーON電源に、マイナス側アースに接続するだけです。

モンキーRは、赤白線がキーON電源になります。
f:id:ngxyh754:20200727142251j:image

 

プラス側は剥き線なので、接続用のギボシをかしめておきます。

マイナス側は、鍬形端子が最初からついています。

f:id:ngxyh754:20200727142400j:image

 

割り込み用にエレクトロタップがついていますが、配線を傷つけたくないので分配端子を作ります。

オスギボシはホンダ車用で、エーモンのものよりサイズが一回り小さいです。
f:id:ngxyh754:20200727142357j:image

 

ヘッドライトケースの中で、配線を接続します。

f:id:ngxyh754:20200727143255j:image
f:id:ngxyh754:20200727143249j:image

 

 

2.2センサー取り付け

油温計のセンサー部分を取り付けます。

キタコのフィッティングデイトナのセンサーを取り付けるので、干渉がないか測定しておきます。

フィッティングのセンター取付穴深さが20.5㎜
f:id:ngxyh754:20200727143302j:image

 

センサー先端からねじ底部長さ19.0mm、なので底まで締め付けてもOKです。
f:id:ngxyh754:20200727143259j:image

 

といっても、1/8テーパねじなので、底まで締め付けられませんけど( ゚▽゚)/笑
f:id:ngxyh754:20200727143252j:image

 

センサー取り付け位置ですが、キタコDOHCヘッドオイル送り(OUT)側に取り付けようと思います。

オイルクーラー手前が、一番油温が高いと思いますので・・・

f:id:ngxyh754:20200727143512j:image

 

こちら側のバンジョーボルトと差し替えます。

f:id:ngxyh754:20200728214919j:image
f:id:ngxyh754:20200728214924j:image

 

エンジンを掛ける前に、オイルが循環するか確かめます。

送り側のホースをオイルクーラーから外し、ホースからオイルが出てくるまでひたすらキックします('ε`汗)

プラグを外して、圧縮を抜いてからやるといいですよ( ゚▽゚)/
f:id:ngxyh754:20200727143508j:image

 

センサーケーブルは、オイルホースに這わせて養生しました。

f:id:ngxyh754:20200727143633j:image

 

メーターステーは高かったので、適当なステーを曲げて代用しました(* _ω_)
f:id:ngxyh754:20200727143639j:image

 

動作チェック!!

感度良好です( ^ω^ )
f:id:ngxyh754:20200727143636j:image

 

説明書によると、7.5V以上の電圧がないと動かないそうなので、小さいバッテリー搭載車だと電圧管理が重要ですね。

エンジンを壊さないように、油温管理はきちんと行いたいと思います( ゚▽゚)/

 

モンキーR 阿蘇-小国ツーリング

こんにちは( ´ー`)

晴れている間に、モンキーRでツーリングしてきました。

目標地点は、小国町杖立温泉です。

 

阿蘇を通り抜ける途中で一休み(* _ω_)

いい天気ですね~

山の上は気温が27℃くらいで、湿度も低く快適です。

f:id:ngxyh754:20200729210643j:image

 

お昼は、南小国そば街道で、ざるそばを食べました(* ´皿`)

大盛ざるで、お腹いっぱいです。
f:id:ngxyh754:20200729210647j:image

 

杖立温泉に到着しました。

f:id:ngxyh754:20200729210838j:image
f:id:ngxyh754:20200729210848j:image
f:id:ngxyh754:20200729210841j:image

 

こういう、宿と宿の間の細い道がなんか好きなんですよねー(* ´皿`)
f:id:ngxyh754:20200729210857j:image

 

途中で、豪雨災害にあっている個所がいくつも見られました。

一刻も早い復旧を望みます。
f:id:ngxyh754:20200729210844j:image

 

最後は、小国町のカフェカップルでソフトクリームを食べました( ´ ▽ ` )ノ
f:id:ngxyh754:20200729210851j:image

久しぶりのツーリングでしたが、湿度が低くて快適でした!

モンキーRは最高のバイクなんですが、最近オフロードバイクのブログを読んでるせいで、オフ車が欲しくなってきています('ε`汗)

モンキーR ハブダンパー交換

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

今回は、モンキーRハブダンパーを交換します。

 

1.使用したもの

〇スナップリングプライヤー 軸用 50mm以上のもの

 

 

2.作業

純正のハブダンパーは、まだ部品注文ができます。

4つで1500円くらいでした( ^ω^ )

f:id:ngxyh754:20200723153010j:image

 

アクスルナットを緩め、チェーンを外し、リヤホイールを取り外します。
f:id:ngxyh754:20200723153018j:image

 

ドリブンスプロケットは、50㎜のスナップリングで固定されています。
f:id:ngxyh754:20200723153004j:image
f:id:ngxyh754:20200723153021j:image

 

取り外しには、軸用で50㎜以上を取り外すことができるスナップリングプライヤーが必要です。

このために購入しました(* _ω_)
f:id:ngxyh754:20200723153007j:image

 

スナップリングを外せば、スプロケットを引き抜くことができます。

スプロケットはハブダンパーに差し込まれており、駆動力の緩衝材の役割をしています。
f:id:ngxyh754:20200723153013j:image

 

左が新品のハブダンパー、右が旧品です。

弾力はまだありますが、摩耗しておりスプロケットたつきがありました。
f:id:ngxyh754:20200723152957j:image

 

新しいハブダンパーを差し込みます。
f:id:ngxyh754:20200723153027j:image

 

スプロケットを取り付け、スナップリングを取り付けます。
f:id:ngxyh754:20200723153000j:image

 

元に戻して、完了です。

スプロケットにがたつきがなくなり、スムーズに回転するようになりました。
f:id:ngxyh754:20200723153024j:image

 

大口径のスナップリングプライヤーって、使用頻度低いですよね('ε`汗)

モンキーR 倒れる

( `Д´)うわああああぁぁぁぁぁ!!!!!

 

メンテナンススタンドを掛けようとして・・・

モンキーRが倒れました・・・

f:id:ngxyh754:20200726140919j:image

 

倒れたところに丁度、万力が置いてあって・・・

フレームに無残なガリキズが・・・(´;ω;`)

手持ちのタッチペンで少しごまかしました・・・

 

メンテナンススタンドを使う際は油断しないでください( ・´ω`・ )

バイクカバー

こんにちは(^ー^)

MT-09で使用するバイクカバーを新調しました!

 

元々はシェルパで使用していたものを使い回していたので、もうボロボロでした…

今回は、なにやらパラシュートの素材で作られているバイクカバーだそうです(^_^)v

f:id:ngxyh754:20200720233141j:image

 

MT-09の全長は、カタログ値で2,075mmです。

サイズ表によると、2Lでもよさそうですが、フロントスクリーンを付けているので3Lを選択しました。

f:id:ngxyh754:20200722191938j:image

 

被せて見ると、ピッタリです(*^▽^*)
f:id:ngxyh754:20200720233155j:image

 

カバー下部が、ゴムで萎む構造になっているので、ダボダボにならずにスッキリしています。
f:id:ngxyh754:20200720233158j:image

 

中央下には、バックルが付いており、カバーの飛散防止の工夫がされています。
f:id:ngxyh754:20200720233342j:image

 

フロントタイヤ、リヤタイヤには、ロック用の穴が設けられています。
f:id:ngxyh754:20200720233148j:image
f:id:ngxyh754:20200720233151j:image

 

カバーが新しくなって、大満足です(^_^)v

 

 

マフラーキズ補修

こんにちは( ^∀^)

最近雨が続いていてバイクに乗れませんので、マフラーのキズ補修でもやってみます。

 

1.使用したもの

◯プロクソン 電動ルーター

◯耐水ペーパー ♯80,240,400,600,800,1000,2000

ピカール

◯ウエス

 

2.作業

現状ではこんな感じで、ガリキズがついています。

f:id:ngxyh754:20200713111350j:image
f:id:ngxyh754:20200713111357j:image

 

電動ルーターを使って、大まかにキズをならします。

キズが深い場合は、ペーパー掛けだけだと大変な労力が必要です( ノД`)

写真では良く見えていますが、実際は傷が目立ちます。
f:id:ngxyh754:20200713111409j:image

 

耐水ペーパーで磨いていきます。

磨きは、円周方向に統一して行います。

 

♯80で磨いた後
f:id:ngxyh754:20200713111341j:image

 

♯240
f:id:ngxyh754:20200713111412j:image

 

♯400
f:id:ngxyh754:20200713111344j:image

 

♯600
f:id:ngxyh754:20200713111347j:image

 

♯800
f:id:ngxyh754:20200713111401j:image

 

♯1000
f:id:ngxyh754:20200713111404j:image

 

♯2000
f:id:ngxyh754:20200713111354j:image

 

最後に、ピカールで磨きました。

キズが深いので、完全に取りきることができませんでしたが、まぁ妥協します(*`・з・´)

f:id:ngxyh754:20200713183235j:image

 

 

3.比較写真

作業前

f:id:ngxyh754:20200713183303j:image

 

作業後
f:id:ngxyh754:20200713183227j:image

 

作業前

f:id:ngxyh754:20200713183330j:image

 

作業後
f:id:ngxyh754:20200713183232j:image

 

リューター処理が甘く、表面のボコつきが見えますが、堪忍してください(^_^)v

ステンレスは硬くて研磨が大変なので、前処理でリューター削りがオススメです。

 

 

九州豪雨

最近雨が降り続いています。

八代、人吉の水害をテレビで見ていましたが、ついにうちの前も冠水しました(-ω-;)

 

ああ…水田がコーヒー牛乳になってしまった。

f:id:ngxyh754:20200711232429j:image

f:id:ngxyh754:20200711232438j:image

 

下る道が、水で通せんぼです。
f:id:ngxyh754:20200711232442j:image

 

通勤路が土砂で埋まりました(´⊙ω⊙`)

高速道路も通行止め!
f:id:ngxyh754:20200711232433j:image

 

はやく梅雨あけないかな。