バイクのある景色

バイクのある景色

オートバイ好きのブログです。

スーパーシェルパ 旅立ち 整備② フロントブレーキ編

こんにちは(゚∀゚人)

さよならシェルパ フロントブレーキ編 その2です。

 

f:id:ngxyh754:20171015014544j:plain

錦帯橋を望んで

1.使用材料

フロントブレーキキャリパ用

 純正 オイルシール 2個

 純正 ダストシール 2個

 純正 ピストン 2個

 純正 固定ボルト 2個

 ベスラ ブレーキパッド 1式

ブレーキ共通

 デイトナガレージ ブレーキフルード

 アクティブ アルミワッシャ 2個

f:id:ngxyh754:20171014233258j:plain

f:id:ngxyh754:20171014233416j:plain

2.組み立て

2.1交換部品組み込み

フロントキャリパーのシリンダー内部をチェックします。

キズや大きなヘコミは無さそうです。

f:id:ngxyh754:20171014225858j:plain

オイルシール,ダストシールにシリコングリスを塗布します。

f:id:ngxyh754:20171014233814j:plain

シリンダーに挿入します。

ダストシールは内側に溝がありますので、注意して組み込みます。

f:id:ngxyh754:20171014235142j:plain

新品のピストンです。

キズも無く良好です(当たり前か(;^ω^A)

f:id:ngxyh754:20171014230800j:plain

ピストンにブレーキフルードを塗布し、垂直に挿入します。

上手くいけばスコッと入るので、焦ってキズを入れないようにします。

f:id:ngxyh754:20171014230824j:plain

ピストンが両方入りました。

グリグリと周方向に動かして、馴染ませます。

f:id:ngxyh754:20171014232548j:plain

ブーツの中にシリコングリスを充填します。

f:id:ngxyh754:20171015002723j:plain

ブーツを取り付けます。

f:id:ngxyh754:20171014232606j:plain

2.2ブレーキパッド交換

新品のブレーキパッドです。

当たりがつきやすいように、角のバリをヤスリで軽く落としておきます。

f:id:ngxyh754:20171015003505j:plain

ピストンの当たる側には、当金をつけます。

f:id:ngxyh754:20171015003543j:plain

これでキャリパASSYの完成です。

パッドにフルードが付いていないかチェックしておきます。

f:id:ngxyh754:20171015012648j:plain

フロントフォークに取り付けます。

新品のアルミワッシャでバンジョーを挟んで、キャリパーに取り付けます。

最後に、ボルトを指定トルクで締め付けます。

f:id:ngxyh754:20171015003002j:plain

2.3ブレーキフルード交換

タンクカバーを取り外すと、変色したフルードが確認できます。

フルードは水気に弱く酸化するので定期的な交換が必要です。

f:id:ngxyh754:20171015003649j:plain

拭き取って綺麗にしました。

f:id:ngxyh754:20171015003632j:plain

ブリーダーバルブから新品のフルードを圧入します。

できる限りエアが入らないようにします。

f:id:ngxyh754:20171015002847j:plain

2.4エア抜き

タンクがフルードで満たされたら、ブリーダーを締め、ブレーキレバーをにぎにぎします。

フルードは塗装にダメージを与えるので、ウエスで養生します。

f:id:ngxyh754:20171015012832j:plain

レバーを握ると、泡がボコボコと出てきました。

これを繰り返し、レバーに負荷がかかるまで行います。

f:id:ngxyh754:20171015003013j:plain

しばらくすると、レバーに感触が戻ってきました。

この状態でレバーを引いたまま、ブリーダーを緩めてフルードを出し、締め付けます。

f:id:ngxyh754:20171015003025j:plain

以上で作業は完了です。

後は試運転を行い、ブレーキの当たりだしを行います。

 キャリアの上から作業を監視されていました(;^ω^A

お願いだから毛を撒き散らさないでー

f:id:ngxyh754:20171015013407j:plain

おしまい(*^▽^*)