バイクのある景色

バイクのある景色

オートバイ好きのブログです。

エイプ100 組み立て記録 その⑬

 こんにちは。

今回は、エイプ100のフロントキャリパーをOHしましたので記録します。

キャリパーのOHは何度も経験してますので、消耗品類をそろえて準備万端!と思っていました。

あの事件が起こるまでは・・・

f:id:ngxyh754:20170827191308j:plain

 

1.使用材料

・純正フロントキャリパー ダストシール

・”             オイルシール

デイトナガレージ ブレーキフルード DOT4

・純正キャリパー固定ボルト ← New!

 

2.分解

フロントフォークからキャリパーを取り外します。

パッドピンを緩め、ブレーキパッドを取り外します。

f:id:ngxyh754:20170827191322j:plain

ブレーキレバーをにぎにぎして、ピストンを押し出します。

両方のピストンが均等に出るように、適度な厚みの板を挟みながら調整します。

f:id:ngxyh754:20170827191346j:plain

 にょきにょき・・・

f:id:ngxyh754:20170827191400j:plain

ピストンが外れました。

f:id:ngxyh754:20170827191411j:plain

ピストンの概観をチェックし、磨きます

大きなヘコミや傷は無いようなので、再使用します。

f:id:ngxyh754:20170827191422j:plain

キャリパー内部をチェックします。

フロントはシール類のダメージは少なそうです。

f:id:ngxyh754:20170827191434j:plain

シール類を外し、清掃します。

f:id:ngxyh754:20170827191449j:plain

 

3.組み立て

ダストシール、オイルシールは再使用不可なので、綺麗でも交換しましょう。

f:id:ngxyh754:20170827191501j:plain

シリコングリスを塗り、取り付けます。f:id:ngxyh754:20170827191518j:plain

ブレーキピストンにブレーキフルードを塗布し、シリンダーに組み込みます。

f:id:ngxyh754:20170827191532j:plain

パッド、パッドピン類を組み込みます。

f:id:ngxyh754:20170827191547j:plain

あとはキャリパー固定ボルトにネジロックを塗布し、指定トルクで締め付けるだけ。

締め付けるだけ・・・

 

締め付け・・・

 

!?

f:id:ngxyh754:20170827191558j:plain

やってしまいましたなぁ・・・

実はこのボルト、欠品していたのでホームセンターでSUSのボルトを購入し、代用していたのです。

締めても締めてもトルクレンチが反応せず、おかしいとおもっていました・・・

ちなみに、固定できたと思っていた他方のボルトもチェックすると、こんなに伸びていました。

あぶないあぶない・・・

f:id:ngxyh754:20170827191721j:plain

すぐさま純正部品を注文しました。

f:id:ngxyh754:20170827191833j:plain

おそるおそる組み付けますと、すぐに指定トルクを感知して締め付け完了!

やっぱりボルト類は純正品を使うべきですね。

f:id:ngxyh754:20170827191331j:plain

ブレーキフルードの交換をリヤと同じ方法で実施し、作業完了です。

今回は勉強になることがたくさんありました。

みなさんも純正部品を使いましょう。(;^ω^A笑