バイクのある景色

バイクのある景色

オートバイ好きのブログです。

MT-09 鹿児島佐多岬ツーリング 1日目

こんにちは。

週末の3連休を利用して、鹿児島県にある本土最南端の佐多岬へツーリングに行きました。

1日目は薩摩半島をツーリングしてライダーハウスに宿泊し、2日目に大隅半島にいきます。

f:id:ngxyh754:20170717161700j:plain

 

1.1日目

八代IC~えびのICと九州自動車道を利用して、鹿児島市へ向かいます。

お昼ごはんは、らーめん小金太にてとんこつラーメンを食べました。

鰹節ダシのスープがとってもおいしかったです。

f:id:ngxyh754:20170717161627j:plain

昼食後は南さつまを通り、野間岬へ向かいます。

大きな風力発電機があって迫力満点です。

f:id:ngxyh754:20170717161558j:plain

それから海岸線をひた走り、最南端のJR駅「西大山駅」へ到着!

遠くに開聞岳をのぞむことができます。

f:id:ngxyh754:20170717170509j:plain

この写真だと良く見えませんが、道中見えた反対側からの開聞岳は頂上付近に雲がかかり、幻想的な風景が見られました。

f:id:ngxyh754:20170717165756j:plain

指宿のライダーハウスに宿泊して、1日目は無事終了です。

指宿の砂風呂は以前利用したことがあったので、今回は元湯を堪能しました。

 

f:id:ngxyh754:20170718141218j:image

夕食には、地の物ということでカツオのたたきをいただきました。

f:id:ngxyh754:20170717161714j:plain

2日目はフェリーで大隅半島へ渡ります。

エイプ100 組み立て記録 その⑧ エンジン火入れ

今回は、エイプ100のエンジンに火入れを行いましたので記録します。

動画のアップロードは初めてですので、何か不手際がありましたらコメントください!

f:id:ngxyh754:20170715121320j:plain

 

1.使用材料

・エイプ100用純正ハーネス

・エイプ100用ビッグタンク

 

2.純正ハーネス取り付け

サービスマニュアルにのっとって、フレームにハーネスを這わせていきます。

CDI,レギュレータ,イグニッションコイル,キーシリンダといった付属機器もハーネスに取り付けていきます。

f:id:ngxyh754:20170715121330j:plain

あとはタンクを取り付けて、キャブレターと接続しガソリン(ハイオク)を入れます。

 

3.火入れ

エンジンオイルはホンダ純正G3を選択しました。

キック×100回でオイルを循環させます。

キーをONにしてキック!!数回で無事に火が入りました。

動画にしましたので、良ければご覧ください。


ブログ用 アップロード①

エンジンが無事に掛かって一安心です。

エイプ100 組み立て記録 その⑦ バックステップ取り付け

今回は、エイプ100にバックステップを取り付けを行いましたので、記録します。

このバックステップも盗難されて部品がいくつか足りませんので、G-craft(ギルドデザイン)様に部品を発注し、取り付けを行いました。

f:id:ngxyh754:20170715103913j:plain

 

1.使用材料

・G-craft エイプ100用バックステップ

f:id:ngxyh754:20170715103831j:plain

 

2.取り付け

2.1不足部品発注

発注した部品は、以下のとおりです。

f:id:ngxyh754:20170715103745j:plain

G-craftの方に画像を見ていただき、不足している部品をピックアップして頂きました。

ありがとうございました!

 

2.2フレーム加工

このバックステップを取り付ける為には、フレームの一部を切除しなくてはいけません。

切断砥石にて切除し、加工面は塗装して防錆をしておきます。

ビフォー

f:id:ngxyh754:20170715104038j:plain

アフター

f:id:ngxyh754:20170715104104j:plain

 

2.3取り付け

発注した部品を交換し、バックステップを本体に取り付けます。

シフトレバー先端のゴムの交換が大変でした・・・

シフト側

f:id:ngxyh754:20170715104220j:plain

ブレーキ側

f:id:ngxyh754:20170715104235j:plain

増し締めをして、取り付け完了です。

エイプ100 組み立て記録 その⑥ ジェネレータ交換&マフラー取り付け

今回は、エイプ100のジェネレータ交換とマフラーの取り付けを記録します。

当エンジンには、デイトナ製レーシングアウターロータが取り付けられていますが、盗難され部品が足りません。

そのため純正ジェネレータへ交換を行います。

f:id:ngxyh754:20170712221206j:plain

 

1.使用材料

・エイプ100用純正ジェネレータ

・OVER エイプ100用フルエキゾースト

 

2.組み立て

2.1アウターロータ取り外し

ジェネレーターカバーを固定しているボルトを緩め、カバーをエンジンから取り外します。

取り外したカバーにはガスケットがこびり付いているので、慎重に取り除きます。

f:id:ngxyh754:20170712220625j:plain

この黒い部品がアウターロータです。

純正フライホイルよりはるかに軽量で、エンジンレスポンスが良いです。

低速トルクが少し落ちますが、124ccの排気量のおかげであまり気にせず乗ることができていました。

f:id:ngxyh754:20170712220642j:plain

これがアウターロータを取り外すために必要な工具です。

右が「フライホイールプーラー」、左が「ユニバーサルホルダー」といいます。

f:id:ngxyh754:20170712220701j:plain

このように、アウターロータの穴にホルダーを掛け、中心のナットを緩めます。

f:id:ngxyh754:20170712220720j:plain

作業していたら猫(ミキちゃん)が膝に乗って邪魔してきました。

f:id:ngxyh754:20170712220736j:plain

ホルダーでは力が掛けづらかったので、工具を変更します。

チェーンでロータを締め付けて、ラチェットでナットを緩めます。

f:id:ngxyh754:20170712220748j:plain

ナットを取り外したら、プーラーを使ってアウターロータを取り外します。

モンキーレンチで締め付けていくと、パコッとローターが外れます。

f:id:ngxyh754:20170712220759j:plain

これがアウターロータ内部のジェネレータコイルです。

純正のものと比べて小さいですね。

f:id:ngxyh754:20170712220817j:plain

どんどん分解していきます。

コイルケーシングを分解する際、プラスねじにはショックドライバを使いましょう。

シャフトについている「ウッドラフキー」はそのままにしておきました。

f:id:ngxyh754:20170712220822j:plain

コイルケーシングも取り外しました。

エンジンオイルを入れっぱなしにしていると、ここで漏れてきますので注意!

f:id:ngxyh754:20170712220834j:plain

 

2.2純正ジェネレータ取り付け

これが純正ジェネレータです。

クランクシャフトにエンジンオイルを塗り、逆の手順で取り付けていきます。

f:id:ngxyh754:20170712221206j:plain

サクッと組み立てます。

ジェネレータカバーには新品のガスケットを取り付け、雨水等が浸入しないようにしましょう。

f:id:ngxyh754:20170712223439j:plain

 

2.3マフラー取り付け

新品のマフラーガスケットを使用し、サクッと取付けます。

マフラーはピカール等で磨き、パーツクリーナーで脱脂しておきます。

f:id:ngxyh754:20170712220929j:plain

 

今回はこれで終了です。

ぼちぼち形になってきましたね!

MT-09 中津からあげツーリング

梅雨の晴れ間に、MT-09でからあげを食べにツーリングにいきました(*・∀・)

f:id:ngxyh754:20170703065044j:image

 道の駅なかつに到着!

本当はからあげの名店に行く予定でしたが、メンバーの胃もたれによりからあげ以外のメニューがあるところで昼食になりました。

f:id:ngxyh754:20170703065218j:image

からあげ定食を注文!

f:id:ngxyh754:20170703065355j:image

耶馬渓を通って帰ります。

f:id:ngxyh754:20170703065445j:image

いまは紅葉シーズンではないので、すいててオススメですよ( ^ω^ )

最後は亀石峠へGO!

f:id:ngxyh754:20170703065539j:image

約350kmのツーリングでした。

 

 

エイプ100 組み立て記録 その⑤ エンジン取り付け

今回は、フレームにエンジンを取り付けます。

同時にキャブレター,オイルクーラーも取り付けます。

f:id:ngxyh754:20170701113701j:plain

 

1.使用材料

・エイプ100エンジン

・武川 オイルクーラー

・京浜 FCR28

 

2.エンジン取り付け

このエンジンはオーバーホール済ですので、パパッと取り付けます。

ボルトはトルクレンチで締め付けて、完了!

f:id:ngxyh754:20170701113339j:plain

排気量は125cc、JRP製油冷シリンダーヘッドカバーが取り付けられています。

f:id:ngxyh754:20170701113353j:plain

ジェネレータはデイトナ製レーシングアウターローターです。専用のCDI,レギュレータ,イグニッションコイルがあるのですが、盗難されて返ってきませんでしたので後日純正ジェネレータに交換予定です。

f:id:ngxyh754:20170701113401j:plain

 

3.キャブレター取り付け

京浜工業製のフラットキャブです。燃料ポンプが取り外してあります。

清掃していてキャブレタークリーナーを吹き付けたら、FCRのシールが溶けてしまいました・・・泣

f:id:ngxyh754:20170701113419j:plain

インシュレータに取り付け、バンドで固定します。

f:id:ngxyh754:20170701113440j:plain

 

4.オイルクーラー取り付け

軽く分解して、清掃します。

フィンが曲がっている場所がありましたので、修正しておきます。

f:id:ngxyh754:20170701113429j:plain

組み立てます。

f:id:ngxyh754:20170701113433j:plain

エンジンに取り付けます。

f:id:ngxyh754:20170701113453j:plain

今回はこれで終了です!

なにかアドバイス等ありましたら、コメントおねがいします!

モンキーR 水本レーシング アップタイプマフラー取り付け

今回は、水本レーシング製モンキーR用のマフラー取り付け記録を行います。

※取り付けを行ったのは少し前です。車体の状態が前後しますので、ご了承ください。

 

f:id:ngxyh754:20170701102619j:plain

 

1.使用材料

・水本レーシング モンキーR用アップタイプマフラー

・キタコ エキゾーストガスケット

・キタコ 全天候型パワーフィルター

 

2.取り付け

2.1既設マフラー取り外し

最初に、モンキーRのマフラーを取り外します。

現在はキタコ製のものが取り付けられています。

f:id:ngxyh754:20170701103343j:plain

シート下のナットを緩め、シートを取り外します。

f:id:ngxyh754:20170701103650j:plain

あとはエキゾースト固定ナット,マフラーステーを外して取り外します。

 

2.2新設マフラー取り付け

これが、今回取り付けるマフラーの全体写真です。

水本レーシング様に依頼して、製作していただきました。

f:id:ngxyh754:20170701104019j:plain

早速取り付けていきます。

ツインチューブフレームの間を通り抜けるので、知恵の輪のようにしてくぐらせていきます。

f:id:ngxyh754:20170701103957j:plain

エキゾーストパイプとフレームをこのステーで固定します。

傾き、位置を調整してサイレンサーが適切な位置にくるようにします。

f:id:ngxyh754:20170701104120j:plain

シートフレームのステーと、マフラーバンドを固定します。

シートフレームとマフラーが平行になるように、何度か分解して調整をしました。

f:id:ngxyh754:20170701104049j:plain

上からみた写真です。

f:id:ngxyh754:20170701104043j:plain

 

2.3キタコ パワーフィルター取り付け

エキゾーストパイプとパワーフィルターが接触してしまったので、角度のついたフィルターに交換して逃がすことにしました。

f:id:ngxyh754:20170701105728j:plain

キャブレターにパワーフィルターを取り付けます。

f:id:ngxyh754:20170701105839j:plain

マニーホールドに取り付けて、フィルターの角度を調整します。

これで、エキゾーストパイプへの接触はなくなりました。

f:id:ngxyh754:20170701105555j:plain

f:id:ngxyh754:20170701105546j:plain

 

あとはシートを取り付けて、完成です。

エンジンを掛ける前に、マフラーを脱脂しておきましょう。

f:id:ngxyh754:20170701105028j:plain